何も感じなかったけど、オイルの通路がスラッジだらけでした

東淀川区 M.I様(アンケート一部抜粋)

車種 平成11年式ファミリアスポーツワゴン スポルト4WD

何も感じなかったわけではないが、これが普通だと日々過ごしていました。インターネットでサイトを見かけた時に、『普通に走り回ってる車が、オイルが無いとかスラッジまみれのエンジンって・・・。』みたいに完全に他人事だった。『バイクのメンテや車の車検も、ばっちりだし俺のファミリアには関係ない。』まぁ、念のためにボンネットを開けてオイルキャップを外してエンジンの中をチラ見。・・・ん゛!?  オイルの量は?・・・ぬ゛ぅ、あ゛あぁぁぁ。さっきまでの勢いが、一気に抜け落ちて、ひゅ〜んと小さくなりました。

これは、もしかして末期的な状態なのかも・・・。ワラニモスガルってやつです。速攻で相談の連絡をいれました。

まずは症状や状態を聞いてもらい入庫の予約。次は施工時にファミリアへ『もうちょい元気になろか』と言わんばかりに頑張ってもらったんだと思います。驚いたのは、カーボン・スラッジクリーン施工後の試運転時に、エンジンが静かになっている!!ほんの少しエンジンが振動していたのが、無くなった!?

何でも新品に交換するのではなく、車の状態に合わせたアドバイスをしていただき助かりました。ディーラーとは、お客や車との接し方が良い意味で違うお店に出会え、燃費が2キロも上がり非常に満足です。